当社の特長 OUR FEATURES

当社の特長 OUR FEATURES

01 包装一筋50年以上

株式会社エスピープロダクツは、1965年の創業以来、コントラクト・パッケージ一筋で包装のことを考えてきました。輸出梱包からスタートした当社でしたが、ダンボール梱包、シュリンク自動機の導入などを経て、今では文具、書籍、化粧品といった幅広い分野のクライアント様にご依頼をいただくまでになりました。
培ってきた技術と経験は、業界でも一線を画す高い水準を維持していると自負しています。
また、充填や電子線照射滅菌など、お客様のあらゆるご要望にお応えすることが可能ですので、包装のことでお悩みなら私たちにお任せください。

シュリンク包装

02 なんでも包装

当社が得意とするシュリンク包装は、様々な素材のフィルムを使用することで、多様な形状の商品に対応することができる技術です。設備が充実しているため、複雑・特殊な形状にもピタっとフィットさせることができ、あらゆるパッケージのご注文に柔軟に対応することができます。ロット数に関しても大口発注から小ロット、1個からでも承りますので、ぜひご相談ください。

なんでも包装

シュリンク包装

エスピープロダクツでは、特殊な形態の商品パッケージにも柔軟に対応しております。ロット数についてはお客様のご要望にお応えいたしますので、ぜひ一度ご相談ください。
また、設備環境を整え、アッセンブル(組み立て・手加工)から、商品の保管・管理・組み立てまで一括して承ります。全国デリバリー(配送)も可能です。お問い合わせ、お待ちしております。

シュリンク包装

ピロー包装

エスピープロダクツでは、連続横ピロー包装など、多様な包装形態が可能です。ご要望のロット数に対応いたします。全国デリバリー(配送)も可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ピロー包装

キャラメル包装

化粧箱、CDやDVDといったメディアの個別包装に用いられている、開封用のテープが付いたビニールで包む包装方法です。製品との密着度は低い包み方ですが、キズ防止などには十分効果的です。
包むだけでなく、開けるときの利便性まで考えられた包装方法です。

こんな商品に対応できます!

化粧箱、CD、アルバム

キャラメル包装

私たちの取り組み INITIATIVE

「SECURITY ACTION」の二つ星を宣言

情報セキュリティ対策に関する取り組みとして、IPAの「SECURITY ACTION」の二つ星を宣言。
情報の取り扱いには細心の注意を払っております。

「SECURITY ACTION」の二つ星を宣言

「DXマーク」の取得について

株式会社エスピープロダクツでは、一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会が定める「DXマーク認証制度」にかかる「認証支援事業者」の認定を取得。

私たちの豊富な知識と多様な経験を生かし、適切なアドバイスを提供することで、事業者の変革への基盤づくりを支援いたします。

DX化への取り組みは、技術的な改革や新規事業の創出などが注目されがちですが、その推進過程におけるデジタル化の作業で、自社が保持する各種情報の整理と分析をもとに、適切に保持・管理・運営する体制の構築を並行して進めることが必要です。
個人情報保護法をはじめとする様々な法令を適用・遵守しながらDX化の推進を図るため、それらの適切な羅針盤として、中小企業の組織・経営強化およびDX化への取組推進に寄与することを目的としております。

【公式サイト】
DXマーク認証制度の詳細は、こちらよりご確認ください。

「DXマーク認証制度」の取得

SDGsの取組について

環境対策に関する方針

既に世界的にも平均気温の上昇、雪氷の融解、海面水位の上昇が観測されており、地球レベルで環境問題への重要性がますます高まってきています。我が国は、「将来にわたって持続可能な社会の実現」を目指して、『2050 年カーボン・ニュートラル実現。そのために2030 年に温室効果ガスを2013 年比46%削減』を掲げています。「グリーン(環境対策)」は我々全員が取り組むべき喫緊の課題であり、中小企業においても環境対策は成⾧の重要項目となっていきます。

株式会社エスピープロダクツにおいても、環境対策に貢献できる経営を行うことが重要と認識し、その推進のために下記取り組みを実施いたします。
地球全体の環境改善を目的として、地球温暖化対策に取り組みます。

SDGs

<当社の取り組みについて>

地球にやさしいでんき SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに 13 気候変動に具体的な対策を
  1. 地球にやさしいでんき(温室効果ガス実質ゼロのサービス)の利用
    地球にやさしいでんき(下記※1)はクレジット制度 (下記※2)を利用しております。
    • ※1:地球にやさしいでんきとは株式会社フォーバルテレコムが提供する電力サービスです。(https://elenova.jp/
    • ※2:Jクレジット制度とは省エネルギー機器の導入や森林経営などの取組による、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。
      本制度は、国内クレジット制度とオフセット・クレジット(J-VER)制度が発展的に統合した制度で、国により運営されています。
Jクレジット活用前
環境に配慮した取り組みをしたい
温室効果ガス排出係数を下げたい
Jクレジット活用後
環境配慮型の地球にやさしいでんき導入
温室効果ガス排出係数がオフセットにより実質ゼロ
  1. 環境や社会に配慮して作られた素材の利用
    名刺で使用する素材を、「LIMEX」、「木の紙」に変更しました。
    ※この素材の提供会社は有限会社エスエム(https://www.esem.jp/)です。
「LIMEX」
「LIMEX」の主成分は、日本での自給率100%の「石灰石」を使用している日本発の新素材。
製造時の水使用量は、紙と比較し約97%削減し、石油由来プラスチックを主原料とする合成紙と比較すると、温室効果ガス排出量を最大66%削減している。
「木の紙」
「木の紙」は、間伐工程で出た間伐材を素材として作られている。
森の健全性を守る間伐は、水をためたりろ過したり、土砂災害を防止したり、生物多様性を保全することにつながり、森の健全性と環境保護を両立させる手助けとなる。
6 安全な水とトイレを世界中に 8 働きがいも 経済成長も 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 11 住み続けられるまちづくりを 12 つくる責任 つかう責任 13 気候変動に具体的な対策を 14 海の豊かさを守ろう 15 陸の豊かさも守ろう 17 パートナーシップで目標を達成しよう

エスピープロダクツの歩み HISTORY

1965年

1965年

自社工場建設時(手作り)

■エスピープロダクツの前身である「昭和パッケージ工業」を世田谷区桜木町にて創業

<コントラクトパッケージ事業部>
菓子パンに付属するキャラクターシールの委託梱包を開始(某大手菓子メーカー)

<バイオ包材事業部>
パッケージのノウハウをいかした自社オリジナル商品を開発し、数々の特許を取得

1966年

1966年

昭和パッケージ工業

■練馬区向山町に工場を設立。木枠や木箱の製造・販売に加え、輸出梱包を開始

1967年

1966年

シュリンク包装機

■コンテナ船の物流により、輸出商品はダンボール梱包が普及
■ダイレクトメール事業に参入
■板橋・清瀬工場の設立に伴い、シュリンク包装機を導入

<実績>
■8トラックのカラオケテープのシュリンク包装、商品組立セットなど(某レコード会社)
■塗り絵のシュリンク包装・月500万部(某大手文房具メーカー)
■ノートおよびレポート帳のシュリンク包装・月300万部(某大手文房具メーカー)

1986年

1966年

筑波工場設立時

■筑波工場を設立。高度経済成長に合わせて様々な商品のシュリンクパックに対応

<実績>
■キャラクターシールの包装・月1000万パック(某大手食品メーカー)
■キャラクターメンコの横ピロー包装・月1,200万パック(某大手食品メーカー)

1990年

■社名を「株式会社エスピープロダクツ」に変更
■全自動シュリンク包装機を6台導入
■横ピロータイプの包装機を3台導入

<実績>
■キャラクターシールの包装・月2,000万パック(某大手製菓メーカー)

1997年

■清瀬工場と板橋工場を統合し、練馬区土支田に工場を移す
■全自動シュリンク包装機を4台導入
■横ピロータイプの包装機を5台導入

<実績>
■CD-ROMの梱包・月200万枚

2007年

■土支田工場を閉鎖
■全自動シュリンク包装機を5台導入
■横ピロータイプの包装機を2台導入

2020年

■前代表取締役逝去に伴い、酒井賢人が代表取締役に就任
■新たにIT事業部を設立

現在

  • 1966年

    現在のエスピープロダクツ

  • 1966年

    現在の工場

■エスピープロダクツは、パッケージ事業とIT事業の融合による
 新しい業態の開発を目指し、精進していく所存です

設備紹介 EQUIPMENT

シュリンク包装

シュリンク包装

印刷物・玩具・DVD・CD-ROM・Blu-ray Discなどのシュリンク包装を生産するライン

自動:5ライン、半自動:5ライン

ピロー包装

ピロー包装

トレーディングカード・キャラクターシール・印刷物・プレミア商品などの生産ライン

10ライン

  • ■全自動ピロー包装ライン:5ライン
  • ■L字型半自動シュリンクライン:4ライン
  • ■給袋充填自動包装ライン:1台
  • ■スリーブタイプシュリンク用コンベヤーライン:2ライン
  • ■ベリングマシーン:3台
  • ■大物用シュリンク包装機:3台(スノーボードなど)
  • ■小物用ピロー包装機(横ピロー包装機):10台
  • ■インクジェット印字機:2台
  • ■金属探知機:1台
  • ■小型キャラメル包装機:2台(CDや化粧品用)
ピロー包装

お問い合わせ CONTACT

ご相談・ご質問などがございましたら、お気軽にご連絡ください。